なかなか決まらない妻のドレス

私は現在、妻と7歳の娘、そして5歳の息子とともに暮らしています。
そして、私が妻と結婚したのは今から11年前でした。
友人の紹介で知り合い、意気投合し、約2年交際を続けた後、結婚しました。
自分たちでの話しの中では、そうした期間内にも何度か「結婚できたらいいね」という話はしてきたのですが、なかなか行動には踏み切れずにいたのも事実でした。
そうした状況に見かねてしまったのが妻のお父さんで、「私に対して今後、結婚する気があるのかどうなのかを直接会って聞きたい」と言われ、この話し合いが事実上の結婚のお願いになりました。
妻のお父さんもお母さんも私の願いに快く応じてくれ、その日はすぐに大宴会となってしまいました。
私と妻は結婚する気はもちろんあったものの、結婚式や披露宴には消極的でした。二人で何度も話し合い、結婚式も披露宴も行なわない旨を妻のお父さんとお母さんに伝えました。
すると、二人とも「せっかくここまで育てた娘なんだから、せめて結婚式や披露宴はしてもらいたい。
そして、周りにいる人たちにもきちんと挨拶ぐらいはしてほしい」そのように言われました。
たしかに結婚は、自分たちだけでするものではありません。
両家の親戚や会社関係、友人にもこれまでの感謝や今後のお願いもする機会です。
私と妻は考え直し、妻の両親がアドバイスしてくれたように、結婚式や披露宴をすべく準備を始めました。
地元にはいくつかの結婚式場があるのですが、お互い落ち着いた感じの場所で行いたいとの想いから、某神社の神前結婚式を選んで、その式場との打合せをスタートさせました。
式場との打合せが進む中で、今度は周りにいる方々の式への出欠確認、余興以来等進めていきました。
土日や祝日などはこうした式場との打合せが中心となりましたが、平日は友人と二次会の打合せなどを行ない、半年間はバタバタした状態が続いていました。
そして、今度は自分たちの衣装などもつめて考えていかねばなりませんでした。
神前結婚式ということで、結婚式には私が羽織袴、妻は白無垢姿の衣装を選びました。
披露宴へは私はスーツを選び、あとは妻の衣装を決めるだけでした。
ドレスを何着着るか、披露宴でも着物を取り入れるか、妻は何度も何度も考えていました。
貸衣装屋さんへも何軒も見て回るうち、ドレスだけでもかなり迷いだしてきました。
最初は結婚式も披露宴もしないと決めてた二人なのですが、いざ行なうと決めると、こうも悩むものかと、なんだか可笑しくなった覚えがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*