アウトドアには忘れていけないレインウェア

レインウェアは、山登りからウォーキングにハイキング、また、野外イベント等のアウトドア全般で活躍する必需品です。
現在では所謂カッパとは違い、機能性、特に着心地と動きやすさ、体温調節のための防寒性と防水・撥水性、暑さのための透湿性と通気性の全てを備えた高機能なものが多くあります。

形状にも種類があり、山登りのような、天候が読めず寒暖の差が激しいために、使用頻度が多く多機能性が求められる場合のためのジャケット・パンツタイプ。ハイキングやウォーキングのような、天気予報が外れた時の用心のために携帯性などに利点のあるポンチョタイプ。そして、普段の通勤や買物などのタウンユースのためのコートタイプがあります。

何故アウトドアには高機能なレインウェアが必要なのでしょうか。
その理由は主には防寒のためとなります。
山登りのように高所に出かける場合、一番気を付けなくてはいけないのは体温管理です。雨に降られなくても必ず防寒着が必要になります。
麓とは気温差が想像以上に激しく、夜間には夏場であっても冬並の防寒着が無ければ凍えるほどの寒さになることも珍しくはありません。
陽が落ちてからの時間から気温が落ちるため、雨に降られて衣服が濡れていたりすると、急速に体温が奪われていき体調を崩して動けなくなってしまいます。最悪、コースから外れずに遭難状態のような事態にもなりまねません。
そして、昼間の暑さにも対応できる必要があります。快晴時には逆に日差しが強く、暑さが辛くなるためです。
寒さの時とは逆に今度は熱中症などへの暑さ対策が必要になります。ウェア内の温度と湿度が上がらないよう、透湿性と通気性が重要となります。

場面毎に備えて複数の衣類を持ち歩くのは装備重量が上がるだけですし、その度に着替えるのは現実的ではありません。
しかし、現在は上記のような状況に求められる、防水・撥水性と、透湿性・通気性が混在したものが主流となっています。一着で様々な機能性を備えているため、荷物にならず軽量で動きやすくなっているのも特徴です。

山登りだけではなく、野外にでかけた際に雨に降られるとがっかりしてしまいます。
様々なシーンに対応したものがありますので、購入の際にはスポーツ用品店などに相談してみるといいでしょう。

そんな高機能なレインウェアですが、手入れをしなければ長く使うことはできません。
洗濯や補修もそうですが、防水性・撥水性を維持するためにも使用後の保管前の手入れが必要となります。
洗剤や補修用シートが専門店で購入できますので、自宅で全てできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*